外国人観光客へのインタビュー活動in浅草

プログラム

高校生の派遣海外プログラムの事前研修では、実践型のコミュニケーショントレーニングとして、東京の観光地である浅草周辺で外国人観光客にインタビュー活動をしています。3年前に初めて実施して、少しずつ改善を重ねて一つの形が出来てきました。

プログラムの目的

 目的 
  1. 外国でパートナー・ホームステイ先・語学学校の友達、町の人などと臆することなくコミュニケーションを取ることが出来るように度胸を付ける(そのための練習!)
  2. 英語の文法にこだわるより 話をすることの大切さを知る。
  3. 日本のことを知らない自分に気づく。

英語が全く話せない学生より、そこそこできる真面目な学生の方が現地で縮こまっていることが多いんです。正しく話さないと伝わらないと誤解していたり、間違った英語を話すことを恥ずかしがったり。

大前提として1日の活動で英語が話せるようになることはありません。文法的には正しい Where are you from.でなくとも、 you where  from. でも目の前の人とのコミュニケーションでは伝わることを理解してほしい。

そして、今の自分に足りないことを見つけて学ぶキッカケにすることをねらっています。

実施時期・会場とレディネス

 実施時期 

6月中旬の日曜日 10:00~17:00 (集合 9:45) 

 会場 

台東区民会館 (浅草)   

5月に募集。海外に出発するのは7月最終週~8月上旬。全6回の事前研修の4回目での実施です。

第2回目研修は、海外派遣に向けた動機づけとして目標設定をしました。第3回目は、学校の授業とは異なるスピーキング実践です。留学生を相手に教室内で道案内や料理の作り方説明などど英語を使う訓練をしました。

応募の時点で「英語を話したい」「海外に出てみたい。」という希望のある生徒です。加えて2回目で現地で具体的に何を実現したくて海外に行くのかを考え、3回目の研修で安心できる環境でチャレンジして、4回目はちょっと自信が持てている状況での実践型トレーニングです。

進行

時間 内容
10:00

◆導入
・主催者挨拶
・今日の流れの確認
・諸注意

10:15

🔍浅草を知る活動浅草スカベンジャー・ハント
チームに分かれて指定されたお題を解いて、指定された場所を見つけます。オリエンテーリングの要領で浅草エリアを回りながら、浅草の地理を多少頭に入れます。

【ねらい】
インタビュー中に浅草について外国人から質問された時に説明できるように、有名な場所や位置関係、日本の文化作法を知る。

ルール説明と役割ぎめ
 ・制限時間 おおよそのエリアを説明
 ・回答方式の説明:答えの場所や事柄をメールで送る。
 ・安全管理の説明:交通事故、熱中症、万が一の際の連絡方法
 ・役割分担:
   キャプテン(皆の意見のまとめ役 )
   サブキャプテン(安全管理担当)

10:25
会場出発
チームごとにお題の場所を探しに出発します。知識として知らないことを自分たちだけで考えていて答えにはたどり着けません。街の看板や色んな人に積極的に尋ねることでヒントが得られます。

11:35
会場再集合

11:45
答え合わせと活動振り返り

 Question1 

・この建物の名前は?
・何をするための場所?ここでの作法は?

 Question2 

・両端の「?」にあるものは何?
・何のために大きな「?」があるのか?

Question1だと、場所を特定する → 近くの看板で建物の名称と作法を知る という二つのステップがあります。
スタッフ内に日本文化をよく知る60代の方がいらっしゃったので、振り返りの時に「手水舎」の解説をお願いしました。

 Question2は、浅草寺に参拝をしたことがある人なら通っているであろう門にあるですが、よく観察していないと通り過ぎてしまう場所です。

観光・街歩きをする時の町の見方を知ることをねらって課題に入れました。 

 12:10

🎤インタビュー活動の導入
 3人ずつグループに分かれて浅草周辺で外国人観光客にお願いをしてインタビューや日本の紹介をします。

【ねらい】
派遣地で臆することなく話ができるようになる。

【活動の内容】
①自己紹介をして、インタビューへの同意を取る。
②名前や出身国・来日目的など「相手」を知るための質問をする。
③1~3のどれかをする。
 1.事前に考えてきたテーマに関する質問をする。
 2.日本について紹介する 。
 3.浅草のおすすめ場所を紹介する。
④お礼の品を渡してさようなら

【注意事項】
・コミュニケーションが大切なので、一方的な質問にならないようにすることが大切。言葉のキャッチボールを意識すること。
・実施エリアについて、仲見世通り・浅草寺境内・地下鉄駅構内・お店の中などの私有地ではインタビュー禁止。迷惑にならない場所で実施すること。
・再集合後にインタビュー内容やエピソードを紹介してもらうので記憶しておくこと。

12:30
昼食&インタビュー活動開始

15:00
会場再集合
 ・休憩&記憶の整理

 15:20

 振り返り
 体験を学びに変化させ共有化するため、自分の体験を他のメンバーに話をします。

【ねらい】
・体験の言語化をして気づきを得る。
・体験学習サイクル的な体験の見方を考える。
(・スタッフが研修の成果を知る。)

【内容】
①参加者3名~4名が一組でテーブルを囲み座る。各テーブルにスタッフが分かれてオブザーブする。
 ワールドカフェ形式で15分程度で人を入れ替えながら話合いをする。

②導入の質問:何組ぐらいにインタビューを出来たか?挙手制で確認。

③第1ラウンド(10分) 
 テーマ:インタビューの内容やインタビュー中に起こった出来事
   Ex.どんな人達に どんなことを聞いて どんな話を聞いたのか?
   Ex.インタビュー中にこんなことあった!という出来事

④第2ラウンド(15分)
 テーマ:第1ラウンドと同じ

⑤第3ラウンド
 テーマ:やってみての感想

⑥テーブルでどんな話があったか?を全体共有⑦第4ラウンド
 テーマ:今日のインタビューから現地で必要なこと、行くまでに必要なこと

 16:20

◆クロージング
A4用紙に「今日の体験から派遣に関連して学んだこと」又は「今の私に必要なこと」を書き、何名か発表する。

主催者講評とまとめ

事務連絡

17:00 終了 

 

過去議論になったこと

いきなり形が出来たというよりは、3年間かけて少しずつ議論を積み重ねて形を作りました。

エリアとエリア制限をどうするか?

浅草で活動する場合、特に気をつけるべきことが私有地には入らないこと。浅草寺と仲見世商店街は、参拝と観光以外のことをしていると警備員が巡回しており怒られます。参加者の意識にはないことなので特に注意しておくべきでしょう。もちろん駅構内なども同様です。

当初は大人が目の届く範囲で、雷門の前の通りと吾妻橋、川沿いだけをエリアにしていました。しかし、10m手前であるグループが断られた人に別のグループが声をかけていたり、協力してくれた人が「さっきも同じように声をかけられたよ」と言われたり、エリアが密集していることで起こる不具合が多くありました。またそれまでの活動において大きなトラブルがなかったこともあり、徒歩30分圏内を目安(時間までに戻ってくる)に自由に動きながらインタビューをする形式に変えました。

服装

1年目は私服、2年目は自由、3年目は制服着用と変わってきました。

制服でいると高校生だと分かりトラブルに巻き込まれるのではないかと心配する声があり、初年度は私服で来ることを必須にしました。

2年目に諸般の事情で制服できたグループを観察していて”制服の方がインタビューを受ける外国人に安心感を与えている”ことが分かり、3年目からは制服着用で実施することにしました。

浅草を知る活動:スカベンジャー・ハント

2年目の振り返りで学生たちから「インタビューに答えてもらったのに、相手から質問された浅草のことを聞かれたのに答えられなかった」との声が多数。”日本のことをあまり知らない”という反省から、雷門・駅・トイレ・おすすめの場所ぐらいの位置関係は分かるようにしておいた方がいいということになり、今年から取り入れました。

当初は、誰かスタッフがガイドになって皆を連れて歩かせることを想定していました。しかし興味がある場所が異なるのに、皆でぞろぞろ歩くよりは、主体的に行動してほしいという希望があり、スカベンジャー・ハントを実施しました。

まとめ

少しずつ変化をさせて3年目。

英語力を付けるのであればレアジョブDMM.英会話のようなSKYPE英会話に毎日取り組む方がよい。たった1日で英語ができるようにはならないけれど、知らない外国人に話しかけることはちょっと勇気がいることだけど、やってみるとできるでしょ。ということが分かってくれるだけで十分だと思っています。

コメント