チーム名を決める

posoですグッド!

 

私たちのプログラムでは、参加者の方をチームに分けて活動するときは、チームに分けた後、まずチーム名を決めてもらうことが多いです。

 

それは、チーム名を決めることで、チームに愛着を持ってもらうことも一つの理由です。

 

前回の「名前を決める」のブログ
でも似たようなことを書きましたが)

ファシリテーターにつけられた、A班、B班と呼ばれるよりも、自分たちが決めたチーム名で呼ばれる方が、嬉しいですよね。

 

そして、2つ目の理由が、チーム名を決めること自体が、アイスブレイカー(アイスブレイク)の役割を果たすからです。「チーム名を決める」には、お互いに意見を出し合い一緒に考える ことが必要です。参加者も知らない間に、場が暖まっているんですよね。

皆さんも、新しいチームが発足したときは、初めて会った人たちと、チーム名決めをしてみてはいかが?

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大人から子供を対象に、組織づくり、組織運営、リーダーシップ、コミュニケーション、体験型教育&研修、対話・会議をフィールドに活動。

東京にある公益財団法人で高校生・大学生向けにグローバルで活躍できる人材の育成プログラム<英国・ドイツ・台湾への海外派遣や受入・国際交流、リーダー教育など>をお手伝いしています。
https://learningthroughdoing.jp/category/internationa_exchange_program/

前職は、体験型チームビルディングの専門会社で企業の研修・イベントでの組織風土づくり支援してきました。

外資系のマネージメント層向けのFun!イベントや国内企業の管理職研修、女性活躍・多様性推進プロジェクト研修などを担当しました。
https://learningthroughdoing.jp/category/teambuilding/

複業・副業で、大学~小学校の野外環境教育・組織キャンプ・林間学校の企画運営から新入生合宿・国立大学付属小のクラス合宿のファシリテーターなどをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる