台湾人は日本人より日本のことに興味を持っている。

台湾台から来た学生10人の都内観光をしていました。

初めての日本に、興味津々の学生たちは、何でも質問してきます。

質問されるたびに、どきっ汗としながら、一生懸命答えを創作していました。

歌舞伎座の前を通った時には「『仮名手本忠臣蔵』の『仮名手本』ってなに?」

「『仮名手本』って昔の教科書のようなものじゃなかったかな。。。」

浅草では、あんこ玉を見て「あんこってなにはてなマーク

「あんこ はね…食べてみればわかるよ爆弾(;^_^A」

隅田川を船で下っているときには「この橋の名前はなにはてなマーク

「うん、いま調べてくるね」

「日本にはたくさん橋があるのに日本橋は何で『日本』橋なのはてなマーク

「えぅ ? 何でだろうね?」

夜お酒を飲みながら…「なんで日本の大学生はそんなに長く就活をするのはてなマーク

「したくてしてるわけじゃないと思うよ」

普段は「当り前のこと」として、見過ごしてきたことも、

外国から来た人にすれば、「異様はてなマークはてなマークはてなマークはてなマークなこと」ばかり。

私たちが、「当たり前のこと」として深く考えてこなかったことを、外国の人たちから質問され「あれ?なんだっけ?」と考えることで、自分たちの文化に対する新たな気づきも得られました。

[異文化交流をしていると、こんなふうに自分の文化に対する新発見ができる]

それが楽しいんですよ。

PS:「あんこ」ってどう外国人に説明した方がいいの?

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントを残す

目次
閉じる