エネルギーメーター

目次

アイスブレイクの概要

手のひらを握った状態で、親指のみを上に向けた状態をポジティブ、親指を下げた状態をネガティブな状態に例えて、参加者に今の状態を車のガソリンメーターのように上から下までで示してもらいます。スタートの時の健康状態や課題への自信の有無、やる気、達成感など状態をお互いに共有するキッカケに使います。

目的 効果 参加者全員の考えていること・感じていることのレベル感を可視化する。
 ファシリテーターだけでなく、参加者同士もお互いの感じているところを、短時間で共有できる。
人数何人でも 
時間 説明2分 実施1分
運動量★☆☆☆☆
隊形 人数が少なければ全員が全員のメーターが見えるように円がよい。人数が多い場合には、周りの人を見渡してもらう。
準備 特になし
道具 特になし!
場所 屋外・屋内を問わず

ファシリテーターの進行

さあみなさん、周りの人の顔を見てください!

みなさんどうですか?緊張していせんか?

今の緊張度を指を使って表わしてみてください。

これ(親指を下げた状態)がMAXです。100%緊張してます。
これがゼロ(親指を上げた状態)です。全く緊張していません。
これで パッと示してもらいたいな~と思います。

これ一番緊張している。これ緊張してないよ。

※指の上下について、ポジティブな状態を指を上げた状態、ネガティブな状態を指を下げた状態にするとわかりやすい。

※上から下、下から上へと少しづつ動かしながら説明すると、100%と0%の間が存在することがわかりやすい。

みなさんの今の気持ちですので良い悪いはありません。
せ~のハイで出しますよ。それでは「せ~の、ハイ」

参加者の様子を確認する。

ありがとうございます。みなさんどうですかね?
周りを確認してみてください。
中には、全く緊張していない人もいるかもしれませんが、バリバリ緊張している人もいますよね。
バリバリ緊張している人は特に、今の気持ちを覚えておいて、今日、この会が終わったときに、もう一度、思い出してみてください。

運営のポイント

 ・指を出すタイミングを揃える。

・共通の数値化することができない前提で、本人の基準で示してもらう。

バリエーション

・元気な人は思いっきりジャンプ、ちょっとちょっと体調が悪い人は小さくジャンプをする。

・ファシリテーターを中心にポジティブな人は近く、ネガティブな人は遠くに移動する。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントを残す

目次
閉じる