日記・学び・考え・出来事

日記・学び・考え・出来事

仙台でのチームビルディング・プログラムの帰り 3.11の爪痕

静岡→仙台での連続の研修は大変でした。 仙台で多様性推進のチームビルディングプログラムが終わりました。 プログラムの翌日、せっかく仙台まで来たので、仙台の工場見学をさせていただきました。 製品ができるまでの過程を見せていただいたり、商品の試飲、飲み比べをさせていただきました。参加者の方々がわざわざ仕事中に出てきてくれました。 そして工場見学あと、工場裏の震災の爪痕の残る沿岸部の...
日記・学び・考え・出来事

仙台の今 3.11

プログラム前にお客さんの工場見学をさせてもらいました。 そしてその後、工場裏の震災の爪痕の残る沿岸部の見学もさせて頂きました。 2011年3月11日、私が属していた会社ではその会社の研修をさせていただいていました。 もちろん仙台からも参加者がいました。 その参加者の方が、震災の爪痕の残る海岸線そばを案内してくださりました。 仙台市内はもちろん、多賀城駅にあるその会社の工場周辺は復...
日記・学び・考え・出来事

明日からの出張 静岡&仙台

明日から静岡で1泊(初日に3月末の研修の打合せ&研修前泊→翌日若手の主体性向上のチームビルディング研修)後泊なしで夜に.そのまま仙台入りです。 今年の新入社員研修や若手の研修では 主体性 がキーワードになるところが本当に多いですね。 仙台では、多様性活躍推進プロジェクトの一環として行われる東北ブロックでの研修です。 大きな流れのある仕事を分担して行う際に自分の仕事が大したものに感じ...
国際交流・海外派遣

Global Village for Students

新しい国際交流の形を考えるために、ある中学高等学校で行われた異文化理解を目的とした海外からの留学生との交流を柱としたワークショップ:Global Village for Students の公開体験授業を見学してきました。 一つのテーブルに5~8名の日本人学生がグループになって座り、各グループには留学生リーダー1名ついて進行やプレゼンテーション・話し合いのサポートを行う形でした。また全体...
日記・学び・考え・出来事

ビジネスメール ~学生リーダーに送る5つのポイント

学生の国際交流プログラムのお手伝いをしている団体では、高校生・大学生が海外派遣して終わりではなく、帰国後も派遣経験者としてネットワーク組織をつくり受入のサポートや自主活動をすることで、社会人基礎力やリーダーシップ力などを身につけられるような仕組みづくりをしています。 今、幹事と呼ばれる学生たちは、大学生と高校生が合同で合宿に行くための計画を練っています。昨年までは、都内で合宿をしていたところを今...
日記・学び・考え・出来事

チーム名を決める

私たちのプログラムでは、参加者の方をチームに分けて活動するときは、チームに分けた後、まずチーム名を決めてもらうことが多いです。それは、チーム名を決めることで、チームに愛着を持ってもらうことも一つの理由です。
日記・学び・考え・出来事

右脳派集団!? 「過去の経験の積み重ねにもとづいた直感」

今日お会いした方から「みなさんって左脳タイプじゃないですよね」「右脳で仕事がしたいんですよね。」と言われました。 なるほど~そういう見方ができるのか~。 チョ~平たく言うと、左脳=言語や概念を操る論理的思考、いわゆる頭脳集団と呼ばれる人たちでしょうか。一方右脳=閃きやイメージからくる直感重視な人々というイメージでしょうか? 「頭脳派集団にいると緊張するよね。」ぐらいの話の中で、ほめ言葉として言...
日記・学び・考え・出来事

ウィルダネス・ファーストエイド(野外・災害救急法)アドバンストコースを受講しました。

posoです。 花粉症に悩まされている今日この頃ですが、先日、北米ライセンスの野外・災害救急法(ウィルダネス・ファーストエイド・WFA)の講座を受講してきました。 そして、今日そのライセンスカードが手元に来ました。 アメリカを始め海外では、野外教育・野外活動の指導者やアウトドアレクリエーションのインストラクターになるには、救急法のライセンスがないと活動ができません。 日本では野...
日記・学び・考え・出来事

優しさと厳しさ : ソロモン流「洋食ヨシカミの吾妻弘章さん」を見て

チームビルディングも写真を見ると「楽しそうだなぁ」と思われる場面が多くありますが、楽しいだけではなく組織について考えていただくために、 ただ優しいだけではなく時には参加者/組織の痛いところにアプローチをすることもあります。(もちろん段階を踏んでですが)
日記・学び・考え・出来事

違和感があるって、自分の理想が見つかり始めているということ

違和感を感じるってことは、自分のフィルターを通じて、その世界を見えているのであって、判断する軸を持っているということ。理想があるから違和感を感じる。理想と現実とのギャップが人の原動力になるんですよね。
タイトルとURLをコピーしました