野外教育・組織キャンプ

野外教育・組織キャンプ

ぜん息サマーキャンプ振り返り会

夏の喘息児サマーキャンプの事後講習会でした。事前講習会1日(2時間)、キャンプ当日1日があっての振り返り会です。単に楽しいキャンプをすることが目的ではなく、喘息について知識や習慣を身につけることに主眼を置いた事業です。子供たちとの久しぶりの対面は嬉しいですね。関係性ができているからすぐに活動に移れます。
野外教育・組織キャンプ

キャンプカウンセラーの関わり方

キャンプリーダー(カウンセラー)の関われる範囲は非常に限定的だ。 学校の先生、クラス担任は、1年を単位として子供たちと関わる。 親は10年、20年、その子供が生まれてから一生涯をかけて、関わっていく。 1泊2日~長くても1週間が標準的なキャンプのスケジュール。その中で、何が出来るのだろうか。 親や先生と同じような関わり方を目指すのは、滑稽だ。 キャンプの中でしかできない関わり方を、短いならでわの関わり方がある。 そんな話をミサミサと語り明かした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました