チームビルディング

組織づくりの技術とヒント

ジョハリの窓  ~チームワーク向上のための自己開示~

ジョハリの窓とは 1955年サンフランシスコ州立大学の心理学者Joseph Luft(ジョセフ・ルフト)とHarry Ingham(ハリ・インガム)によって提唱された考え方で、自身の自分への認識と他者の自分への認識の重なりとズレを明示化することにより両者の関係の理解を深めるための考え方です
組織づくりの技術とヒント

リーダーは何を率先垂範するのか? #リーダーの役割 #リーダーを鍛える

私お手伝いしている国際交流プログラムでは、海外派遣に参加する20人の高校生の成長をサポートするリーダーを大学生にお願いしています。 現地にはツアーコンダクター1人だけ、主催者側はリーダーが責任者です。) ただの先輩ではなく、財団の責任者として派遣をしています。 今日は合宿研修でリーダーの行動を振り返って、少し厳し目のフィードバックをしました。 なんでリーダーが...
チームビルディング

トラストフォール~人に身を預けられますか?~ #信頼

先日、ある人との雑談のときに、こんなことを聞かれました。 Posoは人に自分の一部を預けられる? 話の流れとしては、「『いろんな人に支えられているのは分かっているけど、結局、人間は一人なんだ』って思ってしまう。でもそれじゃだめなんだよね~」みたいな話をしていている中でなのですが。。。 POSO 私は正直、人に見を預けるのは苦手です。 一番最初にそれを...
組織づくりの技術とヒント

リーダーの技術:強みを見つけて影で褒める

最近、職場に来た 大手自動車会社のマネージャー出身の方は、とにかく褒めます。 褒めることで、相手が気持ちよく仕事ができるようにしてくれています。 そんな私も気持ちよくなって仕事をしています。 成果を上げるマネージャーは、メンバーの強みを活かして、適材適所人材を配置し、仕事を仕上げていく。 褒めることで、メンバーの 「強み」を表出させることができ、相手に伝えることでその強みをさらに強化することができ...
組織づくりの技術とヒント

チームのモチベーション低下~学習された無気力感~

学習性無気力感(Learning helplessness)とは、アメリカの実験心理学者のM.E.P.Seligman(マーティン=セリグマン)によって提唱された「努力を重ねても望む結果が得られない経験・状況が続いた結果、何をしても無意味だと思うようになり、不快な状態を脱する努力を行わなくなる」という理論
プログラム

外国人観光客へのインタビュー活動in浅草

高校生の派遣海外プログラムの事前研修では、実践型のコミュニケーショントレーニングとして、東京の観光地である浅草周辺で外国人観光客にインタビュー活動をしています。3年前に初めて実施して、少しずつ改善を重ねて一つの形が出来てきました。
プログラム

フォト・スカベンジャーハントとは? ~チームビルディングに適する理由~

ォト・スカベンジャーハントとは、制限時間の中でチェックポイントをより多く周り、指示された写真を撮ってゴールを目指すチームビルディングプログラムです。より幅広い能力を必要するので、一人でやるよりチームでやることの方が成果が上がりやすいプログラムなため、チームビルディングを目的にしやすいプログラムです。
国際交流・海外派遣

プレゼンテーションのコツ@大学生 派遣説明会

先日、大学生向けの派遣プログラムの説明会をしてきました。 といっても、自分が前に出て話すのではなく、昨年・一昨年の参加した大学生に派遣の魅力を伝えてもらいます。 応募が増えるか減るか、大学生のプレゼンに全てがかかっています。 なぜ大学生にお願いしているのかは・・・ プレゼンテーションの準備の進め方 基本的には学生任せで進めています。 時間と入れてほしい要素を伝えつつ、「自分...
組織づくりの技術とヒント

タックマンモデルとは

タックマンモデルとは、グループダイナミクスの研究者タックマンが1965年に発表したチームの発達段階に関する理論です。チームの状態を形成期 →混乱期 →統一期 →機能・遂行期→散会期の5つに区分してチームの状態を把握します。
チームビルディング

忘年会で参加者の交流を促す秘訣

高校の後輩が企画してくれた「望年会」イベントに参加してきました。やっている人たちが楽しそうで、熱量があるイベントって参加していて面白いんですよね。 さて今回のパーティーは楽しいだけでなく、チームビルディング的に参加者の交流を促す要素が散りばめられており参考になりました。
タイトルとURLをコピーしました