リーダーの役割:仕事の内容と範囲を決める。

20人程度の高校生グループと一緒に海外に行って彼らの成長をサポートする担当する大学生リーダーに、研修を振り返って、少し厳し目のフィードバックをしました。

なんでリーダーが忘れ物をしているの?
リーダーがスタッフの集合時間に遅れてくるってどういうこと?
20才も30才も年上の先輩が机を運んでいて、なんでリーダーが座っていたの?
チーフが団員全体に向けて話したことを聞いてないってどいうこと?
高校生の手本になってほしいのに、リーダー自身が話を聞く姿勢が悪い!
などなど

そのことに対して、リーダーから「仕事の内容を定義してほしい」「後から言うのではなく、事前に伝えてほしい」と要望がでました。

確かに、海外だとJob Descriptionがあって、あなたの仕事の範囲は〇〇と〇〇と〇〇と・・・と列挙して契約を結ぶことが多いようです。

ただ、このリーダーの不満って、自分たちにできる形にして仕事を割り振ってください。ということですよね。

[講師が〇〇と行ったら✕✕を配る。] [△時になったら、団員に声をかけて、■■につれてくる。] と、全てを書き出してあげれば、リーダーの不満はたまらないのかもしれないけど、割り振られた仕事を言われたとおり実行することはリーダーに求めていることではない。もっと抽象度の高い事柄を周りとコミュニケーションを取りながら整理することがリーダーの役割。

自分や他人の仕事を定義して、範囲を定めることが、リーダーにとって、難しい役割の一つ。

それに、リーダーシップを育成するプログラムとしては、本人たちが「できる」と思える形にしてあげてはあまり意味がない。 育成だから、レディネスを考えて「今のままだったらギリギリできないよね。」という、ギリギリのラインで課題提示をしている。むしろ自分でやった方がはやい・・・。と思ってしまう。)

リーダーには、「仕事を定義してあげた時点で、それだけをやればいいと思ってしまうでしょ。定義された以上の範囲には手を伸ばそうとしなくなる。そもそも言われたことすらできてないだったらリーダには慣れないよね。
そして、まずは、何をしたら良いのかもっと情報を集めて、自分でいくつもパターンを考えて想像をしてほしい。」と返答しました。

主体的に考えて行動してほしい。と団員に求めるリーダーだからこそ、リーダー自ら率先垂範で、主体的に考えて行動するリーダーとして育ってほしい。

あと2ヶ月。どんな成長をしてくるかな?

コメント