NEWSレター コミュニティー内への広報

広報誌封筒の山

ある団体の国際交流事で海外派遣を経験したメンバーの事後活動でNEWSレターを作成しました。
過去の派遣に行った関係者500人以上に郵送したのでこんなにたくさんの封筒の山ができました。

 

昔だと、一生懸命に手で折っていたのですが、今のプリンターはすごいですよね。A3を2つ折まではプリンターが折ってくれます。楽になりました。

image

image

image

今回使ったのが、ORPHIS EX7150というプリンターです。
コピー機ではなく印刷機なので、写真の画質は落ちるのですが、2つ折りはもちろん、ホッチキス止め、穴あけ、冊子印刷までできる優れもの。

楽をできることは楽をして、力を使うべきところに時間をつかえるのはありがたいです。

 

アナログの力とデジタルの力

コミュニティーをつくる上では、アナログが力を発揮します。

今回、Facebookにアップするのでもいいじゃん。という声もありました。1回で5万円位はかかるので、コストを考えたら、デジタルツールは強いです。

一方で、そもそもツールを使っていない人には届かないですし、大量の情報の1つとして埋没しやすいというデメリットもあります。

私が、中学高校生の頃に携帯電話が普及し始め、大学生の頃にメーリングリストやmixiなどのデジタルコミュニティーツールが定着しました。この数年でfacebookやLineも一般的になってきました。

お手伝いをしている団体でも
手紙/はがき→メーリングリスト→手紙・はがき・Facebookと変化をたどってきました。

現在では、
タイムリーな情報系:facebook
多くの人に届けたい公式情報 : はがき
簡単なイベントの告知/出欠:手紙

と使い分けるようにしています。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大人から子供を対象に、組織づくり、組織運営、リーダーシップ、コミュニケーション、体験型教育&研修、対話・会議をフィールドに活動。

東京にある公益財団法人で高校生・大学生向けにグローバルで活躍できる人材の育成プログラム<英国・ドイツ・台湾への海外派遣や受入・国際交流、リーダー教育など>をお手伝いしています。
https://learningthroughdoing.jp/category/internationa_exchange_program/

前職は、体験型チームビルディングの専門会社で企業の研修・イベントでの組織風土づくり支援してきました。

外資系のマネージメント層向けのFun!イベントや国内企業の管理職研修、女性活躍・多様性推進プロジェクト研修などを担当しました。
https://learningthroughdoing.jp/category/teambuilding/

複業・副業で、大学~小学校の野外環境教育・組織キャンプ・林間学校の企画運営から新入生合宿・国立大学付属小のクラス合宿のファシリテーターなどをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる