決意

人を巻き込むって難しいですよね。台湾派遣の説明会をしましたが、参加者は3人。それも2人は過去別の派遣に参加したメンバー。

色んな人に興味を持ってもらいたいのだけれども、プログラムを届けられない。

果たして良いプログラム?と言えるのか?次の時代を担う人材を輩出できるようなプログラムと言えるのか?グローバルに活躍できる人材を排出しているのか?募集時には常に自問自答をしています。

様々な活動のピークが今年の夏に来たのではないか?また、停滞の時期にはいったのではないか?少し心配をしています。この場が面白くなければ、他に行くだけ。テレビのチャンネルを変えるように、簡単に場を移すことができる。今の大学生は昔より忙しくなっている。ダラダラとイベントを考えてた昔とは違う。生産者としての活動が増えた分、消費者としての活動も求めている。でも・・・、生産者としての経験から消費するものも生半可なものではつまらない。

 

もっと面白いプログラムをつくる!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大人から子供を対象に、組織づくり、組織運営、リーダーシップ、コミュニケーション、体験型教育&研修、対話・会議をフィールドに活動。

東京にある公益財団法人で高校生・大学生向けにグローバルで活躍できる人材の育成プログラム<英国・ドイツ・台湾への海外派遣や受入・国際交流、リーダー教育など>をお手伝いしています。
https://learningthroughdoing.jp/category/internationa_exchange_program/

前職は、体験型チームビルディングの専門会社で企業の研修・イベントでの組織風土づくり支援してきました。

外資系のマネージメント層向けのFun!イベントや国内企業の管理職研修、女性活躍・多様性推進プロジェクト研修などを担当しました。
https://learningthroughdoing.jp/category/teambuilding/

複業・副業で、大学~小学校の野外環境教育・組織キャンプ・林間学校の企画運営から新入生合宿・国立大学付属小のクラス合宿のファシリテーターなどをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる