トラストフォール~人に身を預けられますか?~ #信頼

トラストフォール 人に身を預けられますか?

先日、ある人との雑談のときに、こんなことを聞かれました。

Posoは人に自分の一部を預けられる?

話の流れとしては、「『いろんな人に支えられているのは分かっているけど、結局、人間は一人なんだ』って思ってしまう。でもそれじゃだめなんだよね~」みたいな話をしていている中でなのですが。。。

POSO
POSO

私は正直、人に見を預けるのは苦手です。

一番最初にそれを感じたのは、4~5年前トラストフォールというアクティビティを体験したときです。

目次

トラストフォールとは

トラストフォールとは、人の胸~肩ぐらいの高さの台に立ち、後ろ向きに倒れ、それを下で10人ぐらいの仲間が手で支えるという課題です。

こんな状態で立っていて・・・

トラストフォール

こんな感じで倒れます。

トラストフォール

このような経験をしました。

最初、台の上に上がるまでは怖いとも思わず、うきうきして台に乗ったのですが、後ろ向きになり、


poso「倒れていいですか?」

メンバー「いいですよ~」



poso「倒れていいですか?」
メンバー「いいですよ~」・


5分ぐらい倒れることが出来ずに・・・


poso「倒れていいですか?」
メンバー「いいよ、早く倒れろよ~(怒)」
メンバー「大丈夫だよ~支えるから、安心して」
メンバー「どうしたら安心できる?」

信頼しているんですよ。(しているつもりなんですよ。)
決して意地悪をして手を引っ込めるなんてことはないと思います。

でも、万が一、何かトラブルがあって地面に落ちてしまったら・・・。私の体重を支えられずに、落ちてしまったら・・・・。
そんな感覚に陥っていました。

以前、プログラムで起こった出来事(エクスペディション・プログラムにて) でパンパ-フラグから飛び降りられなかった人のことを書きましたが、私自身もあれから飛び降りることが出来ませんでした。私の場合は、怖さを打ち消すだけの信頼を仕切れなかったからだと思います。

あわせて読みたい
チームビルディングで起こった出来事:パンパープランクにて
チームビルディングで起こった出来事:パンパープランクにてもう1ヶ月も前でしょうか、久しぶりにプログラム中に感動して涙を流していまいました。 直接には参加者と向き合わないマネージメントの立場で関わっていたのに、涙を流すぐらい心が揺れ動きました。参加者が涙を流していたからでしょうか。

何を預けるのか?


物理的身体の一部にかぎらず、仕事における責任の一部や、うわべではなく本当の自分をさらけ出す、感情をぶつける・・・いろんな事が考えました。

自分の一部を預けた結果、期待をして裏切られたときにうけるダメージが大きいのを知っているから、身をゆだねるということに恐怖を感じているのだと思います。身体的なダメージよりも心に受けるダメージが大きいから身構えてしまう。

チームビルディング・プログラムでは、チーム内の/個人の信頼とか挑戦とかを扱うことがよくあります。

自分たちが提供しているプログラムだからこそ、このままじゃいけないかも・・・とは分かっているのですが、一朝一夕には変わらない。日々日頃から向き合っています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大人から子供を対象に、組織づくり、組織運営、リーダーシップ、コミュニケーション、体験型教育&研修、対話・会議をフィールドに活動。

東京にある公益財団法人で高校生・大学生向けにグローバルで活躍できる人材の育成プログラム<英国・ドイツ・台湾への海外派遣や受入・国際交流、リーダー教育など>をお手伝いしています。
https://learningthroughdoing.jp/category/internationa_exchange_program/

前職は、体験型チームビルディングの専門会社で企業の研修・イベントでの組織風土づくり支援してきました。

外資系のマネージメント層向けのFun!イベントや国内企業の管理職研修、女性活躍・多様性推進プロジェクト研修などを担当しました。
https://learningthroughdoing.jp/category/teambuilding/

複業・副業で、大学~小学校の野外環境教育・組織キャンプ・林間学校の企画運営から新入生合宿・国立大学付属小のクラス合宿のファシリテーターなどをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる