ジョハリの窓

組織づくりの技術とヒント

ジョハリの窓  ~チームワーク向上のための自己開示~

ジョハリの窓とは 1955年サンフランシスコ州立大学の心理学者Joseph Luft(ジョセフ・ルフト)とHarry Ingham(ハリ・インガム)によって提唱された考え方で、自身の自分への認識と他者の自分への認識の重なりとズレを明示化することにより両者の関係の理解を深めるための考え方です
タイトルとURLをコピーしました